白い錠剤と笑顔の女性
お知らせ
考える女性

性行為後でも避妊をすることができるとして、ピルを服用する女性も多いですが、中には不正出血を起こすケースもあるといわれています。
この不正出血とは、生理の時以外の女性器からの出血のことであり、これまで経験したことがない人はびっくりしてしまうこともあります。
どの程度の出血が見られるかについては、個人差がありますが、人によってはうっすらと血が混じる程度の人もいれば、生理時と同じくらいの出血が見られることもあります。
ここで重要なのは、血液の量ではなく、放置しておかないということになります。

もしかしたら、ピルの影響ではなく、何か他の病気によって不正出血が起こっている可能性もあるので、一度専門医に診てもらった方がよいということになります。
なぜ、ピルの服用中に不正出血が起こるのかというと、ピルの作用でホルモンバランスが崩れることによって引き起こされることがほとんどだと考えられています。
特に低用量のピルの服用により、黄体ホルモンの子宮内膜維持力を助ける黄体ホルモンの量が少ないことにより起こります。

また、低用量ピルの飲み方としては、生理初日の服用開始が基本となっているので、子宮内膜の剥脱が十分に行われずに終了してしまうことがあります。
要するに、通常は生理で出血するはずなのに、この出血が行われずに維持されている状態になっているということになります。

このピルの影響により不正出血が現れている場合は、それほど問題はないことが多いです。
ただし、先ほども述べたように、病気が原因の恐れもありますから、婦人科の検査は必要であると考えられます。
特に、これからピルを服用しようと考えている人は、このような不正出血が起こり得るということを理解しておいた方がよいでしょう。

ピルの副作用が気になる場合は、とにかく女性ホルモンの含まれる量が少ないものを選ぶことで抑えることができます。
低用量ピルと呼ばれるものは通常のピルと呼ばれるものよりも女性ホルモンの含有量が少ないので、副作用を気にせず服用することができます。
もし低用量ピルでも副作用が起こってしまうなら、ヤスミンを試してみる事をおすすめします。
ヤスミンは従来のピルで起こる副作用がかなり起きにくくなっているので、ヤスミンで安心して避妊をすることができます。